棟匠の家づくり

シロアリに強い

一般的には木材の表面に防蟻薬剤を塗布、吹き付ける防蟻対策が行われますが、
住む人の健康を守る住まいづくりにこだわる棟匠では、
できるだけ薬剤を使わずにシロアリを「寄せ付けない」様々な方法で、シロアリ被害のない住まいを実現します。

シロアリに強い 一般的には木材の表面に防蟻薬剤を塗布、吹き付ける防蟻対策が行われますが、住む人の健康を守る住まいづくりにこだわる棟匠では、できるだけ薬剤を使わずにシロアリを「寄せ付けない」様々な方法で、シロアリ被害のない住まいを実現します。

躯体を湿気にさらさない外張り断熱工法

シロアリを繁殖させないためには、湿気を抑えることが重要です。棟匠独自の外張り断熱工法は、床下や壁内など、シロアリの発生しやすい場所の湿気を徹底して防ぎます。

外の湿気を遮断するベーパーバリア

柱の外側に施工することで、柱が湿気にさらされず、構造躯体の耐久性も向上します。

壁体内結露を防ぐ通気工法

室内と室外の温度差による結露が発生しやすい外壁内部に通気層を設け、熱を排出します。

湿気を追い出す全館空調システム

床下にも換気ダクトを設けることで、常に床下の換気・除湿を行い、シロアリの好む場所を造りません。

施工前のシロアリ対策

基礎施工前に安全性の高い薬剤を使用し土壌処理を施します。地中に生息する可能性のあるシロアリの予防駆除を行います。

シロアリの侵入を防ぐ幅広い基礎立ち上り

ベタ基礎の外周部立ち上り幅を一般的な幅より広い200mmにし、高さを450mmと高く設けることで、シロアリが登りにくく、食い破りにくい基礎を実現します。

シロアリを寄せつけない土台・大引き

土台、大引きは抗菌性、防虫性に優れた無垢檜の赤身の心材を使用し、シロアリを寄せつけません。

棟匠の「技術と性能」ページで、更に詳しい情報をご覧いただけます。
このページの一番上へ

無垢の木の家を体感しませんか?

お気軽に展示場・モデルハウスまでご来場ください。

読谷村モデルハウスTEL.0120-410-402展示場詳細を見る